診療案内

診療時間

  火・木・金
午前 10:00~12:45
(受付12:30まで)
10:00~12:45
(受付12:30まで)
10:00~12:15
(受付12:00まで)
午後 16:00~18:45
(受付18:30まで)
15:00~18:45
(受付18:30まで)
14:45~16:30
(受付16:15まで)
■休診日 水曜、日曜、祝日

診療科目

皮膚科 アレルギー科

診療内容

皮膚科

皮膚にできた腫瘍(できもの)に対し、ダーモスコープを用いて良性、悪性を判断し、必要に応じて近隣の総合病院に紹介しています。

【水虫】

足水虫は白癬菌というかび(真菌)による感染症です。一口に足水虫といっても症状はいくつかあります。

趾間(しかん)型

  • 指の間(特に薬指と小指の間)にできやすい。
  • カサカサしている乾燥型とジクジクしている湿潤型がある。
  • かゆみがない場合もある。

小水疱(しょうすいほう)型

  • 足の裏や側面に小さなみずぶくれができる。
  • かゆみがない場合もある。
  • 乾燥すると皮がむける。

角質増殖(かくしつぞうしょく)型

  • かかとを中心に足の裏の皮膚が厚くなる。
  • ひび割れたり、白く粉をふいたようになる。
  • かゆみがないことが多い。

さらに爪にまで感染すると爪水虫となります。これもさまざまな症状があります。

顕微鏡により、白癬菌を確認し、診断します。

治療は抗真菌薬の外用です。

ポイント

  • 症状が治まっても白癬菌は生き続けていることがあるので肉眼的に改善を認めても、予防で2カ月ほど外用します。
  • 白癬菌は症状のない場所にも潜んでいることが多いので患部よりやや広めに外用します。
  • 入浴後にぬると薬が浸透しやすく、効果的です。
  • 白癬菌は高温多湿を好みます。ときどき、靴を脱ぐこと、5本指の靴下をはくことが大切です。
  • 白癬菌が足についても最初は付着している状態です。24時間たつと、付着から角質内に侵入し感染が成立すると言われています。そのため、足ふきマットを使ったときはもう一度自分のタオルで足を拭くとよいです。
  • 爪水虫にまで悪化している場合は抗真菌薬の内服を行うことがあります。抗真菌薬の内服時は、肝機能検査が必要です。

尋常性疣贅(いぼ)の新しい治療

尋常性疣贅(いぼ)の治療として、1~2週に1回のペースで液体窒素で焼くのが一般的です。治りが悪いいぼに対し、当院ではオキサロール軟膏、グルタールアルデヒド療法を併用しています。

アレルギー科

 当院では、アレルギー症状に対し、可能な限り原因検索を行っています。
植物、食物のアレルギーが疑われる方に対しては採血を、金属のアレルギーが疑われる方に対しては、パッチテストを行っています。
金属パッチテストは主に、ピアス、歯科で使用される金属の16種類(アルミニウム、コバルト、スズ、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、クロム、ニッケル、金、銀、銅、白金、亜鉛、鉄、水銀)に対して行っております。
金属を含んだ試薬を背中に貼付することにより、アレルギー反応を起こすかどうか調べる方法です。検査日は2日後、3日後の受診が可能な火曜日と土曜日です。

金属アレルギーパッチテスト施行時写真
金属アレルギーパッチテスト施行時写真

連携病院

  • 川口総合病院
  • 川口市立医療センター
  • 川口工業総合病院
  • 戸田中央総合病院

Copyright (C) City Tower Warabi Dermatology Clinic. All Rights Reserved.